“RISE” cited in the Plant Journal

Citation Alertで、下記のジャーナルに”P700 Oxidation System”の中で”RISE”が引用されていることを知りました。Delta-pHによるCyt b6/f複合体のPQH2酸化活性制御は”Photosynthesis Control”と呼ばれており、古くから知られていました。しかしながら、Delta-pHで説明できないCyt b6/f複合体の活性制御の存在を2016年に釋さんとPlant Cell Physiologyへ報告しました(詳細を知りたい方はこの論文をご覧ください)。ラン藻Synechococcus PCC7942 (S. 7942)を用いて、全く見たこともない生理現象に出会い、非常に感動したことを覚えております。Q-cycle制御によるP700酸化です。当時は、ラン藻S. 7942だけの特異的な生理現象かも、と考えていたのですが、その後、高等植物でもRISEのコンセプトを用いないとP700酸化が説明できない事実に多く出会うことになりました(Wada et al. 2020, Furutani et al. 2020)。また、S. 7942において、全く別の評価法でもRISEの機能が存在しないと説明できない事実を報告することができました(Shimakawa, Shaku et al. 2019)。RISEは、Q-cycle制御によるP700酸化ですので、少なくともO2発生型光合成生物に共通して機能する分子メカニズムの可能性が高いと考え始めております。

自分の研究スタイルは、まずは生理現象発見、この事実に基づくコンセプトの提唱、そして分子メカニズムの解明、その後さまざまな追試検証です。P700酸化によるPSI光障害緩和の実証事実の発見(Sejima et al. 2014)も同じスタイルです。少しずつ、みな様から引用していただいている状況です。Furutaniさんの論文(2020)は、高等植物イネにおいて多くの事実がRISEにより説明できます。RISE研究の展開が楽しみです。


Alber, Nicole A. et al.:

The flexibility of metabolic interactions between chloroplasts and mitochondria in Nicotiana tabacum leaf

The Plant Journal. 2021



最新記事

すべて表示

C4光合成でのCO2同化のしくみを解明しました

最近、C4光合成(Zea maize)でのP700酸化システムを評価する論文をIJMS (IF > 4) に公表しました(Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(9), 4894; https://doi.org/10.3390/ijms22094894)。 これまで、C3植物でP700酸化の分子メカニズムを明らかにしてきました(Miyake 2020, Furutani e al.

塙さんのお仕事~多く引用されるようになりました~

東北大学・名誉教授牧野先生から塙さんのお仕事(https://doi.org/10.1111/ppl.12580)が多く引用されてますよ、とお知らせをいただきました。この仕事は、瀬島さんがいるときに確立した光呼吸のin vivo評価法(https://doi.org/10.1111/ppl.12388)を用いております。O2電極を用いたO2収支およびクロロフィル蛍光解析を同時に行うことで、CO2補

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square