スケールの違い

ニトラにある農業大学 Marian Brestic 教授を訪問しました。Phenotyping研究の最前線です。新しいことを知るとき、心がワクワクしますね。そして、いろんな可能性を学べた機会でした。

 そして、おそらくご一緒にやらせていただくことになろうかと、心がはやっております。生理学、統計学など重要な学問基盤が走りながら、Phenotyping していくと筋が通った姿に出会えること、大事です。

 スケール感の違い、信頼性を得るための数のこなし、再現性の確保、安心できます。正しいです。

最新記事

すべて表示

Plants ~特集号~

京都府立大学・森田重人先生からお声をかけていただき特集号(Plants)を編集します(Plants | Special Issue : Plant Stress Responses in Photosynthesis (mdpi.com))。光合成生物の活性酸素(ROS)、酸化ストレスに関するものなら何でも受け付けます(アクセプトは保証しません)。私自身、いくつか掲載していただいています。多くの方

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

2017 April ホームページが新しくなりました。