'Antioxidants' 特集号 いかがですか?

丸田先生(島根大学)とご一緒にジャーナル ’Antioxidants’ (IF > 5)で特集号(Antioxidants | Special Issue : Reactive Oxygen Species in Plants: Fine-Tuning of Their Production, Scavenging and Signaling Functions under Environmental Stress (mdpi.com))のエディターをさせていただきます。私が専門とする活性酸素(ROS)代謝を得意とするジャーナルです。すべての生物の酸素代謝、活性酸素代謝に関する多くの論文(生化学、分子生物学、生理学など)が掲載されています。世界的にもこの分野に関する論文は非常に多いですね。O2発生型光合成生物は、太陽光のエネルギーに満たされた状況で、O2を発生しつつ高エネルギーである電子を取り扱わなければなりません。この非常に危険な営みを何とか克服しながらCO2同化を行っています。光合成生物が安全な光合成を行うにはどのように対O2戦略を進化の過程で築き上げてきたのか、その巧妙な戦術を紹介した、また発見されたお仕事のご投稿などをよろしくお願いします。

最新記事

すべて表示

C4光合成でのCO2同化のしくみを解明しました

最近、C4光合成(Zea maize)でのP700酸化システムを評価する論文をIJMS (IF > 4) に公表しました(Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(9), 4894; https://doi.org/10.3390/ijms22094894)。 これまで、C3植物でP700酸化の分子メカニズムを明らかにしてきました(Miyake 2020, Furutani e al.

“RISE” cited in the Plant Journal

Citation Alertで、下記のジャーナルに”P700 Oxidation System”の中で”RISE”が引用されていることを知りました。Delta-pHによるCyt b6/f複合体のPQH2酸化活性制御は”Photosynthesis Control”と呼ばれており、古くから知られていました。しかしながら、Delta-pHで説明できないCyt b6/f複合体の活性制御の存在を2016年

塙さんのお仕事~多く引用されるようになりました~

東北大学・名誉教授牧野先生から塙さんのお仕事(https://doi.org/10.1111/ppl.12580)が多く引用されてますよ、とお知らせをいただきました。この仕事は、瀬島さんがいるときに確立した光呼吸のin vivo評価法(https://doi.org/10.1111/ppl.12388)を用いております。O2電極を用いたO2収支およびクロロフィル蛍光解析を同時に行うことで、CO2補

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square