あたらしい光呼吸論文

和田先生の論文(Wada, S.; Suzuki, Y.; Miyake, C. Photorespiration Enhances Acidification of the Thylakoid Lumen, Reduces the Plastoquinone Pool, and Contributes to the Oxidation of P700 at a Lower Partial Pressure of CO2 in Wheat Leaves. Plants 2020, 9, 319.  https://doi.org/10.3390/plants9030319)が公表されました。光呼吸によるP700酸化のメカニズムを解明したものです。非常に重要な成果となりました。Plantsエディターの先生からフィーチャー(Feature)論文にしていただきました。論文のやり取りの中で、非常に有意義なご指摘を多数いただき、論文の頑健性が上がりました。エディターの先生からは、いつも多くのことを学ばせていただいております。私自身の学問への甘さ、自覚するばかりです。まだまだ、未熟です。

光呼吸は、C3タイプのCO2固定をする光合成生物では避けては通れない不可避的代謝です。今回の論文で、私たちがその役割を明らかにしたP700酸化に対して、その駆動を行っていることが見えてきました。不可避的な代謝だからこそ、長い時間をかけてその制御を可能とするメカニズムを獲得したのではないかと考えております。

長い光合成生物の歴史の中で、C3タイプの光合成が主役を張っているという事実、魅力的です。最近では、光呼吸代謝そのものが成長に欠かせないという事実も報告され始め、話題に事欠かないですね。光合成代謝とともに、メインのelectron-sinkです。興味が尽きません。

最新記事

すべて表示

光合成の仕組み

古谷さんと、農芸化学会誌「化学と生物」(7月号)に総説「明らかになってきた光合成のしくみ ~C3植物での例を中心に~:活性酸素(ROS)生成抑制のための巧妙な分子メカニズムを備えたC3型光合成の進化」(Vol.59 No.7 Page. 320 – 332) (published date : 2021年7月1日)(化学と生物 - 日本農芸化学会 - | Vol.59 No.7 | 明らかになって

またまた、新しい事実に出会うことができました。光合成・活性酸素研究の出口です!

大西さん、古谷さんの頑張りです。まだ、だれも見たことがない新規なプロット、そして、そこから見えてくる光合成の世界、再現性ある光合成の世界、ようやく光合成・活性酸素研究の出口の一つを示すことができました(Antioxidants 2021, 10(7), 996; https://doi.org/10.3390/antiox10070996)。学生時代の1991年に学会デビューしました。その時の論文

C4光合成でのCO2同化のしくみを解明しました

最近、C4光合成(Zea maize)でのP700酸化システムを評価する論文をIJMS (IF > 4) に公表しました(Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(9), 4894; https://doi.org/10.3390/ijms22094894)。 これまで、C3植物でP700酸化の分子メカニズムを明らかにしてきました(Miyake 2020, Furutani e al.

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square