あたらしい光呼吸論文

和田先生の論文(Wada, S.; Suzuki, Y.; Miyake, C. Photorespiration Enhances Acidification of the Thylakoid Lumen, Reduces the Plastoquinone Pool, and Contributes to the Oxidation of P700 at a Lower Partial Pressure of CO2 in Wheat Leaves. Plants 2020, 9, 319.  https://doi.org/10.3390/plants9030319)が公表されました。光呼吸によるP700酸化のメカニズムを解明したものです。非常に重要な成果となりました。Plantsエディターの先生からフィーチャー(Feature)論文にしていただきました。論文のやり取りの中で、非常に有意義なご指摘を多数いただき、論文の頑健性が上がりました。エディターの先生からは、いつも多くのことを学ばせていただいております。私自身の学問への甘さ、自覚するばかりです。まだまだ、未熟です。

光呼吸は、C3タイプのCO2固定をする光合成生物では避けては通れない不可避的代謝です。今回の論文で、私たちがその役割を明らかにしたP700酸化に対して、その駆動を行っていることが見えてきました。不可避的な代謝だからこそ、長い時間をかけてその制御を可能とするメカニズムを獲得したのではないかと考えております。

長い光合成生物の歴史の中で、C3タイプの光合成が主役を張っているという事実、魅力的です。最近では、光呼吸代謝そのものが成長に欠かせないという事実も報告され始め、話題に事欠かないですね。光合成代謝とともに、メインのelectron-sinkです。興味が尽きません。

最新記事

すべて表示

ルーキー

10月1日付けで、ルーキーの配属です。アイスホッケー、野球、即興のジャスドラマー、弓と才能あふれる人たちの集まりになりました。植栄で、その才能を磨いてくださいとはなかなか言えませんが、少なくとも一芸あり、そして植栄の伝統を受け継ぎそうなルーキーと素晴らしいです。和田先生、大西さん、宮尾さん、森さん、そして嶋川先輩もいて、ただただ笑うだけの歓迎会になりました。これからよろしくお願いします。

CREST成果報告会

紹介です。現在取り組んでいますJST_CRESTの成果報告会が12月に開催されます。ご興味がございましたらシンポジウムへご参加ください。以下、プログラムと要旨を記載しておきます。 CREST「植物頑健性」領域 第一回成果報告会:「環境変動に対する頑健性のメカニズム解明に向けて」 日時:令和2年12月2日(水) 10:00-16:45 形式:Zoom Webinar(参加無料) 参加申し込みはこちら

見てわかる「光合成のしくみ」と「活性酸素(ROS)生成抑制のためのP700酸化」

古谷リウさんの総説が掲載されました(https://doi.org/10.1016/bs.abr.2020.08.001)(Advances in Botanical Research)。東京工業大学・久堀徹先生に執筆の機会をいただきました。あらためて、久堀先生にお礼を申し上げます。 多くの作物が属するC3被子植物で、光合成の場である葉緑体チラコイド膜光化学系I(PSI)でROS、とくにスーパーオ

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

2017 April ホームページが新しくなりました。