特集号です

あっという間に桜の季節が終わりました。少し、早く時が過ぎているようです。朝の散歩では、イチョウが芽吹き始めているのに気づきました。犬との散歩は大好きです。ふだん、犬が拾い食いしないかと心配しつつ歩いているんですが、ふと、自分が下ばかり見て歩いていることに気づきます。そんな中、見上げたイチョウ、FLVがO2と共に働き始めているのを実感した次第です。イチョウ、芽吹いたときにすでに葉は成長した姿をしているんですね。

本日、Frontiers in Plant Scienceから特集号案内がオープンになったと連絡をいただきました(https://www.frontiersin.org/research-topics/10153/o2-and-ros-metabolisms-in-photosynthetic-organisms)。この特集号は、JST_CRESTのメンバーと、そしてKriegerさん、Tikkanenさんと共同で編集します。CRESTメンバーの方々には、日ごろから大変お世話になっております。皆さん、専門分野で突出されており、一流のサイエンス・技術開発を一緒にさせていただく幸せな環境にあります。今回の編集でも、多くの力を貸していただくことになります。感謝です。

ご興味がある方は、ぜひとも、特集号にご投稿いただけたら幸いです。

最新記事

すべて表示

3月末に、古谷さんが修士修了、そして今月、ご就職されました。どちらもおめでとうございます。古谷さんとの研究は非常に楽しく、多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。 そして、気づいたら今日でした。あっという間です。あ、そうですね、、、伊福先生とお昼、お花見した記憶があります。 古谷さんの投稿論文の改訂、プロジェクトでの課題など、他業務・仕事が多々あります。ありがたく感謝しながら粛

今年もあっという間の1年でした。すこし振り返って。 ・昨年までと異なり、今年は積極的に川に立ちました(Facebookにて)。9年目のテンカラでようやく毛鉤りを流すコツがわかってきました。石垣先生のお言葉が腑に落ちる瞬間に出会える回数が増えました。「釣れる」から「釣った」に移行しつつ(?)あります。釣った瞬間の感覚を何度も経験したく、よく通いました。 ・夏は、伊福先生、石崎先生、溝畑先生と開田高原

先日、古谷さんの論文がJPRに公表されました(The difficulty of estimating the electron transport rate at photosystem I | SpringerLink)。光合成の仕組みを明らかにする研究の中で、これまで測定されてきた光合成パラメータの妥当性を今一度見直していました。そして、PSIの電子伝達活性の評価法に疑問が生じました。評価の

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square