2017 April ホームページが新しくなりました。

Follow Us
Please reload

タグ
Please reload

アーカイブ

November 5, 2019

August 10, 2019

June 28, 2019

June 4, 2019

April 16, 2019

Please reload

記事一覧

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

無傷葉緑体実験 ~O2代謝のよりよい実験材料~

August 20, 2018

光合成生物でのO2代謝をまとめる機会があり、昔々多くのことを学んだ論文を再読しておりました(下記)。Wuerzburg大学時代のスーパーバイザーであるSchreiber先生の論文です。NPQおよびdelta-pH誘導は、The Water-Water Cycle(その当時は、Mehler-Ascorbate Peroxidase Sequence (MAP-Pathway)と呼ばれていました)によるものであるという結論です。いまだ結論が出ていないCyclic electron flow around PSI (CEF)の寄与は無視できるほど小さいというものです。Schreiber先生は無傷葉緑体(intact chloroplasts)を使って見事に証明されています。この結果は、Takagi and Miyake (2018)の生葉(intact leaf)解析のデータとも一致していますね。無傷葉緑体でのデータは、矛盾なく生葉データと結論が同じになることが多いですね。このようにして、サイエンスが繋がり前に進むという体験は貴重です。

 

ご興味ある方は、下記の論文をご一読ください。学ぶところが多いと思います。

 

Schreiber 先生の論文

  1. Schreiber, U., Nuebauer, C. (1990) O2-dependent electron flow, membrane energization and the mechanism of non-photochemical quenching of chlorophyll fluorescence. Photosynth Res 25: 279-293.

  2. Hormann, H., Nuebauer, C., Schreiber, U. (1994) An active Mehler-peroxidase reaction sequence can prevent cyclic PSI electron transport in the presence of dioxygen in intact spinach chloroplasts. Photosynth Res 41: 429-437.

     

     

     

     

     

     

     

     

     

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload