「P700酸化ワールド」の頑健性と普遍性

今、パリにいる嶋川さんの論文( https://doi.org/10.1007/s11120-018-0522-z)が掲載されました。

私たちが作り上げたコンセプト「P700酸化システム」によるROS生成抑制が、ほぼすべて(すべてではないですよ~~~検証していないのもいますので:ただ、確信的です)の光合成生物に成立するようです。P700が酸化されさえすれば、過剰な光エネルギーをうまく安全に処理することができ、酸化傷害の回避を達成できます。

昨年まで話題を呼んでいたFLVによるPSI防御ですが、FLV遺伝子は裸子植物から被子植物への進化の過程で捨てられ、被子植物が困るような議論がなされていました。実は、このFLVはラン藻が真核光合成生物である緑藻や紅藻に進化するときにすでに紅藻では捨てられていたんですね。つまり、光合成生物の進化の過程で、FLVは二度も捨てられたんですね。でも、紅藻から珪藻、褐藻などへ進化していくときFLVは全く要求されなかったようです。それはなぜか?これらの藻類はFLVなどなくてもP700を酸化できるんですね。これさえできれば、安全に光合成の営みができるんですね。太陽光の下で。つまり、被子植物は、FLVなどもたなくても良かったんですね。私たちの「P700酸化システム」さえ機能すれば(実際に被子植物で機能しています)、大丈夫なんですね。

コンセプト「P700酸化システム」の普遍性、どこまで成立するのやら、とその検証が楽しみです。一つ一つ出会う実験事実との照合は、日々学生さんたちとの議論です。

今回、新たな疑問が見えてきました。そこには、私たちがまだ出会ったことのない分子メカニズムが潜んでおります。P700を酸化するために酸素(O2)を必要としない藻類がいるんですね。驚きですね。知らない世界ですね。O2を使わなくていいのであれば、安全かつ最強のメカニズムかもしれません。活性酸素(ROS)生成の危険性も低いでしょうから。研究が進めば進むほど、新しさが湧いてきます。

最新記事

すべて表示

3月末に、古谷さんが修士修了、そして今月、ご就職されました。どちらもおめでとうございます。古谷さんとの研究は非常に楽しく、多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。 そして、気づいたら今日でした。あっという間です。あ、そうですね、、、伊福先生とお昼、お花見した記憶があります。 古谷さんの投稿論文の改訂、プロジェクトでの課題など、他業務・仕事が多々あります。ありがたく感謝しながら粛

今年もあっという間の1年でした。すこし振り返って。 ・昨年までと異なり、今年は積極的に川に立ちました(Facebookにて)。9年目のテンカラでようやく毛鉤りを流すコツがわかってきました。石垣先生のお言葉が腑に落ちる瞬間に出会える回数が増えました。「釣れる」から「釣った」に移行しつつ(?)あります。釣った瞬間の感覚を何度も経験したく、よく通いました。 ・夏は、伊福先生、石崎先生、溝畑先生と開田高原

先日、古谷さんの論文がJPRに公表されました(The difficulty of estimating the electron transport rate at photosystem I | SpringerLink)。光合成の仕組みを明らかにする研究の中で、これまで測定されてきた光合成パラメータの妥当性を今一度見直していました。そして、PSIの電子伝達活性の評価法に疑問が生じました。評価の

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square