ROS ワールド

嶋川くん、小原さんの論文が、FEBS lettersに掲載されました。地球上で最初に酸素発生型光合成を始めたラン藻は逞しいですね。自ら酸素毒性に向き合う強さはどこから来たのか興味が尽きませんね。酸素により生成する活性酸素だけでなく、活性酸素がもたらす脂質酸化、過酸化に対して防御メカニズムをもっていたことを明らかにしております。面白さが尽きません。

FEBS Letters (2018)

Medium‐chain dehydrogenase/reductase and aldo‐keto reductase scavenge reactive carbonyls in Synechocystis sp. PCC 6803

Ginga Shimakawa, Ayaka Kohara, Chikahiro Miyake

(DOI) 10.1002/1873-3468.13003 (2018/02/23)

最新記事

すべて表示

光合成の仕組み

古谷さんと、農芸化学会誌「化学と生物」(7月号)に総説「明らかになってきた光合成のしくみ ~C3植物での例を中心に~:活性酸素(ROS)生成抑制のための巧妙な分子メカニズムを備えたC3型光合成の進化」(Vol.59 No.7 Page. 320 – 332) (published date : 2021年7月1日)(化学と生物 - 日本農芸化学会 - | Vol.59 No.7 | 明らかになって

またまた、新しい事実に出会うことができました。光合成・活性酸素研究の出口です!

大西さん、古谷さんの頑張りです。まだ、だれも見たことがない新規なプロット、そして、そこから見えてくる光合成の世界、再現性ある光合成の世界、ようやく光合成・活性酸素研究の出口の一つを示すことができました(Antioxidants 2021, 10(7), 996; https://doi.org/10.3390/antiox10070996)。学生時代の1991年に学会デビューしました。その時の論文

C4光合成でのCO2同化のしくみを解明しました

最近、C4光合成(Zea maize)でのP700酸化システムを評価する論文をIJMS (IF > 4) に公表しました(Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(9), 4894; https://doi.org/10.3390/ijms22094894)。 これまで、C3植物でP700酸化の分子メカニズムを明らかにしてきました(Miyake 2020, Furutani e al.

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square