「P700酸化システムの頑健性の解明」が掲載されました

日本農芸化学会誌「化学と生物」2月号(2018年)に、「P700酸化システム」の頑健性を解明したこと、光合成生物が進化の過程で酸素(O2)と戦ってきた歴史に関する「解説」を掲載していただきました。

(https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=924)

(https://katosei.jsbba.or.jp/index.php?aid=924&bt=on)

酸素は、私たち従属栄養生物にとっては呼吸に不可欠なものであり、この点においては光合成生物も同じであります。一方で、光合成生物は、その生命維持活動の中で酸素をありがたいという立場だけでは済まされない事情があります。光合成生物は、光エネルギーを用いて糖を生合成する独立栄養生物です。これには、地球上で最初に酸素発生をし始める光合成のメカニズムを利用したラン藻の誕生から、緑藻、珪藻、紅藻、コケ、シダ、裸子植物、被子植物など多岐にわたり含まれています。彼らが、光合成を営むときに、光エネルギーはいつも余っています。その余ったエネルギーはつねに大気酸素へ流れて活性酸素生成が生成し酸化傷害をもうむり枯死してしまうという脅威をはらんでいます。

私たちは、これまで明らかにされてこなかった活性酸素生成メカニズムおよびその生成を抑制するメカニズムを世界で初めて発見し、そのメカニズムが普遍的でかつ頑健な性質を持ち、安全な光合成の営みに不可欠であることを明らかにしてきました。そして、そのメカニズムを、2016年に「P700酸化システム」と名付け、報告させていただいております。その後の研究成果を含む最新の知見を、上記の学会誌に寄稿させていただく機会を得ました。

本解説記事の研究は、JST_CREST事業([植物頑健性]環境変動に対する植物の頑健性解明と応用に向けた基盤技術の創出)における研究成果であります。JST_CRESTのご支援に感謝いたします。

最新記事

すべて表示

光合成の仕組み

古谷さんと、農芸化学会誌「化学と生物」(7月号)に総説「明らかになってきた光合成のしくみ ~C3植物での例を中心に~:活性酸素(ROS)生成抑制のための巧妙な分子メカニズムを備えたC3型光合成の進化」(Vol.59 No.7 Page. 320 – 332) (published date : 2021年7月1日)(化学と生物 - 日本農芸化学会 - | Vol.59 No.7 | 明らかになって

またまた、新しい事実に出会うことができました。光合成・活性酸素研究の出口です!

大西さん、古谷さんの頑張りです。まだ、だれも見たことがない新規なプロット、そして、そこから見えてくる光合成の世界、再現性ある光合成の世界、ようやく光合成・活性酸素研究の出口の一つを示すことができました(Antioxidants 2021, 10(7), 996; https://doi.org/10.3390/antiox10070996)。学生時代の1991年に学会デビューしました。その時の論文

C4光合成でのCO2同化のしくみを解明しました

最近、C4光合成(Zea maize)でのP700酸化システムを評価する論文をIJMS (IF > 4) に公表しました(Int. J. Mol. Sci. 2021, 22(9), 4894; https://doi.org/10.3390/ijms22094894)。 これまで、C3植物でP700酸化の分子メカニズムを明らかにしてきました(Miyake 2020, Furutani e al.

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square