「P700酸化システムの頑健性の解明」が掲載されました

日本農芸化学会誌「化学と生物」2月号(2018年)に、「P700酸化システム」の頑健性を解明したこと、光合成生物が進化の過程で酸素(O2)と戦ってきた歴史に関する「解説」を掲載していただきました。

(https://katosei.jsbba.or.jp/view_html.php?aid=924)

(https://katosei.jsbba.or.jp/index.php?aid=924&bt=on)

酸素は、私たち従属栄養生物にとっては呼吸に不可欠なものであり、この点においては光合成生物も同じであります。一方で、光合成生物は、その生命維持活動の中で酸素をありがたいという立場だけでは済まされない事情があります。光合成生物は、光エネルギーを用いて糖を生合成する独立栄養生物です。これには、地球上で最初に酸素発生をし始める光合成のメカニズムを利用したラン藻の誕生から、緑藻、珪藻、紅藻、コケ、シダ、裸子植物、被子植物など多岐にわたり含まれています。彼らが、光合成を営むときに、光エネルギーはいつも余っています。その余ったエネルギーはつねに大気酸素へ流れて活性酸素生成が生成し酸化傷害をもうむり枯死してしまうという脅威をはらんでいます。

私たちは、これまで明らかにされてこなかった活性酸素生成メカニズムおよびその生成を抑制するメカニズムを世界で初めて発見し、そのメカニズムが普遍的でかつ頑健な性質を持ち、安全な光合成の営みに不可欠であることを明らかにしてきました。そして、そのメカニズムを、2016年に「P700酸化システム」と名付け、報告させていただいております。その後の研究成果を含む最新の知見を、上記の学会誌に寄稿させていただく機会を得ました。

本解説記事の研究は、JST_CREST事業([植物頑健性]環境変動に対する植物の頑健性解明と応用に向けた基盤技術の創出)における研究成果であります。JST_CRESTのご支援に感謝いたします。

最新記事

すべて表示

3月末に、古谷さんが修士修了、そして今月、ご就職されました。どちらもおめでとうございます。古谷さんとの研究は非常に楽しく、多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。 そして、気づいたら今日でした。あっという間です。あ、そうですね、、、伊福先生とお昼、お花見した記憶があります。 古谷さんの投稿論文の改訂、プロジェクトでの課題など、他業務・仕事が多々あります。ありがたく感謝しながら粛

今年もあっという間の1年でした。すこし振り返って。 ・昨年までと異なり、今年は積極的に川に立ちました(Facebookにて)。9年目のテンカラでようやく毛鉤りを流すコツがわかってきました。石垣先生のお言葉が腑に落ちる瞬間に出会える回数が増えました。「釣れる」から「釣った」に移行しつつ(?)あります。釣った瞬間の感覚を何度も経験したく、よく通いました。 ・夏は、伊福先生、石崎先生、溝畑先生と開田高原

先日、古谷さんの論文がJPRに公表されました(The difficulty of estimating the electron transport rate at photosystem I | SpringerLink)。光合成の仕組みを明らかにする研究の中で、これまで測定されてきた光合成パラメータの妥当性を今一度見直していました。そして、PSIの電子伝達活性の評価法に疑問が生じました。評価の

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square