塙さんのお仕事~多く引用されるようになりました~

東北大学・名誉教授牧野先生から塙さんのお仕事(https://doi.org/10.1111/ppl.12580)が多く引用されてますよ、とお知らせをいただきました。この仕事は、瀬島さんがいるときに確立した光呼吸のin vivo評価法(https://doi.org/10.1111/ppl.12388)を用いております。O2電極を用いたO2収支およびクロロフィル蛍光解析を同時に行うことで、CO2補償点での光呼吸代謝活性を評価できる方法です。質量分析計(MIMS)を用いなくても簡便に精度良く解析できます。目にとまった論文(https://doi.or/10.1007/s11120-021-00819-1)では、まさしくCO2補償点でMIMSを使用し、コケ、シダ、裸子植物、被子植物(C3, C4)でのエレクトロン・シンク能評価、光呼吸能評価、メーラー反応評価、呼吸評価を行っております。呼吸評価については、その難しさなど言及されていて大変学ぶところが大きい内容でした。光呼吸評価は、塙さんの結果を全面的に指示するものでした。私どもの研究が、まったく異なる方法論を用いても再現できたわけです。論文を公表するとは、十分な実験的証拠(再現性ある事実)を準備し、その時点で正しいと考える解釈を与えるわけです。光合成生物が、光呼吸を非常に有効に利用している姿が見えてきます。この評価では、瀬島さんの論文が正しく評価されています。我々が開発した光呼吸活性評価方法は、O2収支だけで光呼吸代謝活性が明らかになり、クロロフィル蛍光解析との同時測定でCO2補償点での光呼吸のエレクトロン・シンク能を評価できます。1度の測定で二つの重要な事実が明らかになります。光合成生物の進化の過程で最初に陸上に上がった光合成生物であるコケから、シダ、裸子植物、C3被子植物へと光呼吸活性が増大し、エレクトロン・シンク能も増大します。このような重要な事実に出会えました。

裸子植物まではFLVをもち、The Water-Water Cycle(メーラー反応)が機能していますが、CO2補償点では光呼吸がメインのエレクトロ・シンクであり、光合成電子伝達反応を支配・制御している事実に出会います。ホントに、重要ですね。

再現性のある研究事実の積み重ねのみが新しい生理現象・事実と出会うための土台を築かせることを示す研究成果でした。

現在、光呼吸研究は新たなステージに入っております。この成果は、近いうちに公表できるでしょう。ここでも、新規生理現象に出会っております。

最新記事

すべて表示

3月末に、古谷さんが修士修了、そして今月、ご就職されました。どちらもおめでとうございます。古谷さんとの研究は非常に楽しく、多くのことを学ばせていただきました。ありがとうございました。 そして、気づいたら今日でした。あっという間です。あ、そうですね、、、伊福先生とお昼、お花見した記憶があります。 古谷さんの投稿論文の改訂、プロジェクトでの課題など、他業務・仕事が多々あります。ありがたく感謝しながら粛

今年もあっという間の1年でした。すこし振り返って。 ・昨年までと異なり、今年は積極的に川に立ちました(Facebookにて)。9年目のテンカラでようやく毛鉤りを流すコツがわかってきました。石垣先生のお言葉が腑に落ちる瞬間に出会える回数が増えました。「釣れる」から「釣った」に移行しつつ(?)あります。釣った瞬間の感覚を何度も経験したく、よく通いました。 ・夏は、伊福先生、石崎先生、溝畑先生と開田高原

先日、古谷さんの論文がJPRに公表されました(The difficulty of estimating the electron transport rate at photosystem I | SpringerLink)。光合成の仕組みを明らかにする研究の中で、これまで測定されてきた光合成パラメータの妥当性を今一度見直していました。そして、PSIの電子伝達活性の評価法に疑問が生じました。評価の

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square