top of page

またまた、気づいたらです!

いきなり2023年です!びっくりですね。思いがけずあっという間です。いろんな忘備録を兼ねて記載していたのがFaceBookです。こちらは、スマホからあっという間に記録できるので癖になってます。とくにHaru & Yukiを掲載するのにシンプルです。日々の徒然に、、、、です。いい環境です。


昨年の2月末だったと思います、ここに記事を載せたのは。その後、秋に新3回生が二人研究室に来てくれました。4回生になった4人の中で3人が修士課程へ進学します。皆さん、非常に重要な研究をなさってます。優秀です。そして成果が出ています。頼もしいです。


秋、テンカラ会のメンバー(伊福先生、工藤先生、溝端先生、嶋川先生)との天川釣行はすばらしかったですね。次年度は、ほか多くの方々を含めた荘川を計画です。石垣先生にお世話になる予定です。


そして、岩本さんが訪ねてくださいました。神戸で活躍されています。すばらしいです。林さんと一緒とのことで、おいしいお酒をいただきました。林さんも活躍されているとのこと、非常に嬉しく思っております。


この冬、東京で古谷さんに会えたことはよかったですね。元気にしている姿を見ると非常に安心し嬉しく思います。東京駅、楽しかったですね。いい思い出になりました。次は、バンジーです。


年末年始と北海道でした。初冬体験です。でも、好きになりつつあります。







最新記事

すべて表示

とんでもなく、めでたい1日です!非常に大きな二つの出来事です!

令和6年度の始まりです。 まず、本日をもって、和田慎也先生が東北大学農学部・植物栄養生理学研究室・准教授として昇任・着任されました。和田先生が、神戸で展開されていた非常に重要なお仕事が仙台で花開くこと、間違いないと確信しております。楽しみですね!これからの若い大学人、研究者です。期待しかないです!また、和田先生を慕って来る優秀な学生さんが素晴らしい研究ができる環境を整えてくださったこと、感謝の思い

生葉で、初めて、Ferredoxin (Fd)-dependent Cyclic Electron Flow around PSI (PSI-CEF)の活性検出に成功!新規サイクリックの存在を発見!

In vivo生葉で、初めて、フェレドキシン(Fd)依存のPSI循環的電子伝達反応 (Fe-cyclic electron low around PSI, PSI-CEF) の活性検出に成功、そして、in vivoでFd-CEFの活性制御を明らかにすることができました。詳しくは、以下の二つの論文を参照してください。 1.      Ohnishi M, Maekawa S, Wada S, Ifu

新メンバー

10月2日より、3回生が3人新たに所属されました。和田先生がモリモリご研究されている光呼吸のお仕事に携わる学生さん二人、私の研究に一人ですね。今年は、いつもと違い、すぐに研究テーマを決定してのスタートです。ご要望があったので、新たな取り組みです。皆様、よろしくお願いします。

Comments


Commenting has been turned off.
特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
記事一覧
アーカイブ
タグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page